にんにく浸り ~韓国お嫁日記~

韓流ブームが来るその前から、何故だか恋に焦がれて来た韓国。とはいえまさかお嫁にくるなんて・・・・日々の生活の中でリアル韓国を紹介してきま~す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年元旦

あけましておめでとうございます。


寒波がハンパなく一人末っ子と引きこもっております。


さっき腰のあがらない主人を娘2人が引っ張りだし、ついでに買い物も頼んだという(ウシシシ)



んで調べものもありPC前に座りこんで新年早々アップしてるわけです。


まあ新年つってもこっちはただの祝日程度で明日はワシも仕事だし
子供たちは冬休みで楽しそうだが、母ちゃん一人ヘトヘト


昨日は年末の旅行!までは期待できなかったので
近場のスキー場の手前にある『そり』に行ってきました。

何だかんだ冬休みは日本にいることがほとんどで機会がなかったのね

寒いの覚悟でオサレよりも防寒に力を入れ、一人前後ろに張るカイロも仕込み挑みました


子供たちの防寒パンツも買い込んだかいあって4時間、ほぼ休みなしで遊びまくり

さすがに防寒手袋をケチッたワシの手が凍りつきそうで途中からは麻痺ってました
でも久しぶりに童心に戻って楽しめたかな


出発時には雨天となり車を走らせて5分以内に降り出した流石の雨男
しかも結構本降りになってしまって折り返すか迷ったが高速乗っちゃったし
代案も特に考えてなかったので行ってみることに

ナビが教えてくれるのはいいが途中から雪に変わり、
『わ~最高の天気だね~!!』って浮かれているのもつかの間
前方数メートル先が見えないくらいの吹雪に巻き込まれ
こういう雪天候に全く慣れてないワシはうろたえ
山道ですぐに積もって凍りそうだったから帰る?どうする?とりあえず雪景色撮って帰るか!

ってなってたらパトロールの人が来て
『午後には収まるしそりもやってるよ~』って心配をよそにお気楽な返事が返ってきたので
単純なワシらも、じゃあやっぱり行ってみよう!って(笑)


規模も小学生低学年くらいまでは十分に楽しめるほどの
こじんまりしたスペースでしたが
老体にも優しくていいじゃん、って思った

子供たちも一人ですいすい滑ってくれて
この1年間、末っ子中心で伸び伸びと遊べないことも多かっただけに楽しそう♪
1歳すぎてからは、特にここ最近はおねえちゃん達中心の外遊びに末っ子を連れまわしてます

一人目の時にはこんな寒いところでソリ滑りなんて!って感じだったのに
三人目ともなれば全く躊躇なく連れていくよね


主人がそのを乗せてガンガン滑ってたんだけど
以外にお気に召されたみたいで、係りの人の出発!の掛け声が遅いと泣いてせがんでましたww


そのは途中こさえてきた握り飯も二つがっつき、その後お菓子食べたり休み休み
その間ワシと娘2人は雪の中

寒かったけど楽しめたのも母子ってよりは女同士で本気で対決とかできて
熱くなってしまったからかな


冬休み中にもう一度くるから!って約束をし早い夕飯へと向かった

普段なかなか足を運ばないエリアで、これも前回約束してた
チョゲグイ(貝焼き)とコムジャンオ炒めのスペシャルバージョン
コムジャンオはあんまり好きじゃないワシは最終的にタコの刺身を追加し
そこに娘たちが群がってきた絵図が何とも怖かったらしい(主人曰く)

そのっちはどこに行ってもアイドル


特にこの国では異常に執着する二重瞼がクッキリして
通りすがりの人が有難くもすっごく可愛い!って褒めちぎってくれます

いや、可愛いのよ。それはワシが親だからひいき目ってのもあるしね


でもアジョシ達までも、可愛い!!の一声

そしてかならず目を褒められるパターン。


この国整形なかったらどんだけ一重しかおらん民族なんだろう。。。。ww
個人的には一重だろうが美人さんたくさんいるからそろそろ二重にこだわらず
自然体を受け入れる社会になってほしいな、と思います


話を戻しますが
娘たちもそのっちと遊んでくれてゆっくり飲みながら、
綺麗な景色と美味いものに囲まれ2014年を終えれました

こんな日でも大量の洗濯物で2回回して干してってしてたら新年を一人で迎えたってのが
切なくも現実的で笑えてきましたが
今年もどうぞよろしくお願いします。


今日は結婚後初めて一人の時間(末っ子昼寝中だが)をもちながら
とことんダラけております

育児以外なんもしてない

実はBBも縫ってなきゃ着替えてもないという怠けようですが
明日からまた気合い入れて、勉学にも励むぞ!と心の中でつぶやいてます



あ~食べれないから余計日本食が恋しい
最近はストレスからか?夜食の量が増えてしまってます。。。。。


今年も残すところあと1日

おらおらおらおら~~~


師走だなぁって思ってたのに、残すことろあと1日になってしまっとるわ


ご無沙汰しております。
寒いですねぇ


先月から母方の祖母とその前日に叔父が亡くなり急きょ帰国しておりました。
どっちみち七五三の撮影をする予定だったので早まったと思えばいいんだが
やっぱり大切な人を亡くすって悲しいですね

その後祖父の姉さん、知り合いの方も亡くなり短期間で4名もの方とさようなら。をしました


一番悲しかったのは叔父のお葬式。

母親であるおばあちゃんが悲しむのはとても胸が痛み苦しかった。
もう13年ほど前から病気と闘って苦しんできた本人は、こういっちゃなんだが
頑張れるだけ頑張ったし、やっと楽になれてよかったね。とも思う


叔父とは仲も良かったし、生前国際電話とかでも話してて
『俺が死んだら黒霧を墓にもってきてね』
と、いつも面白可笑しく人を笑わせるセンスの持ち主なだけに
幾度となくそんな話を聞いてました。


ワシと同じ兄弟で末っ子というポジション。
息子のみで娘居なかったから余計に可愛がってもらってました


遺言通り、誰も、息子すらしらなかった希望を叶えて戻ってきました。



祖母も末期ガンを宣告されて3年近く元気でしたが、怪我をしてから入院→衰弱が早まり
そのっちの誕生日と命日が重なりましたが
みんなが集まれてよかったのかなって。

人の死。


とてもあっけなく残された方はあれこれ悔むもんだねぇ

今後幾度となく出くわす誰かの死。
できるだけ後悔は少なく、愛情をかけて人と接したいな、と深く考えさせられました。




というわけでそのっちの1歳バースデーはひっそりと簡単に済ませてしまいました。
その前に写真は撮ってたしね~

帰国後は大田まで結婚式、兼家族旅行、同窓会~☆も楽しみ
今月はありがたくも仕事に追われ
家事に育児に学校行事に幼稚園行事に多忙すぎました
2日間のみ、そのっちが腸炎で入院したりもしたっけ  ←主人居てくれて助かった!!
さらにさらに3日間(仕込み込み)×2回のキムジャンも無事にやり遂げた!!!


よく風邪もひかずに頑張れたな、と我ながら拍手を贈りたい^^
寝込むなんてまず無理だけど、途中寝込みそうな勢いでフラフラな日もあったわよ
合間を縫っては忘年会という名の飲み会にもチョコチョコ出してもらったしな

でも子供のため、人のために忙しくできるって幸せですね


そして今月半ばより主人が転職のため一時無職状態(笑)

不安は無くはないが、きっといい方向に向かえるって信じてますし
とりあえずこの辺りで一度別経歴などを積んでおくと、後々絶対に良かったって思える時がくるはず。
10年後、20年後を見据えてです


当の本人は12年ぶりの3連休以上にはじめ1週間はダラダラして仕事から帰ってきたら
家の中がヤバく米とぎすらしてなかったりでワシの血管はち切れそうでしたが
もうきつすぎて小言言って、いつしてくれるか分からんのも待てんし放置。

仕事、育児、家事に多忙なワシの隣で少しは動こうと思ってくれたみたいで
2週目あたりからソフィ様のお迎えとかそのっちの育児、買い出し、掃除をしだすようにww
中でも育児が合ってんだろうね
楽しそうにベタベタベタベタ。
ご飯も手慣れた手つきであげてます。
こういうのも今までにチャンスがなかったから、ワシら夫婦にとっても子供たちにとっても
良い環境になってんじゃん♪

『今日の夕飯何にする?』って主夫業もなかなか板についてきたしね
作ってくれんけどさ~(笑)




本日はやっと大掃除ができるワシのフリー日
つっても普段より2割増しな掃除程度ですが。。。。(普段から割と細かい所やってる派なんで)
主人は講習→そのまま忘年会
ソフィはダラダラして今活を入れましたが、どうも最近怠け癖が、、、、、
顔すら洗ってないとかしょっちゅうで本気で朝から爆弾落としてしまったし(苦笑)
小言言ってもダメ、言わなくてもダメ。どうすりゃいいの?


たぶん一生長女の気持ちが解らない末っ子だからこの辺で悩みそう


主人が休み続きなんで調子こいてるようだが、
船に乗ったらしばらく会えないから覚悟しとけよ、、、、


明日は家族全員揃って、こっちで年越しするの初めてかな
いつもはワシらが日本へ、主人は仕事orこっちで休みってなパターンだから
せっかくだから美味しいもので2014年を〆たい
そしてこれまた美味しいもので2015年を迎えたい~☆



2か月分、ざっと殴り書きにてですが
今年も色々、本当にいろいろあって厄年だな~って思えることもありましたが
ひとまず家族全員、健康で過ごせたことに感謝

今年の反省面は必ず来年、精進するつもりで身を引き締めていきたいと思います


皆様も泣いても笑っても2014年は明日1日。
どうか素敵な時間を、そして晴れ晴れとした2015年を迎えれることを願います

来年も、怠けブログをよろしくお願いしますね☆☆



実家にあるもの

韓流ブームもピークは過ぎたものの
ブームでなくなって定番化したようなものなのかな


韓国の物も普通に日本では手に入ったりと
日本に帰ってきたのになんかいつもの光景っぽく感じたりすることが多々ある


それどころか韓国語を日本で聞こうものなら
何ともいえぬ安心感を感じだした自分がたまに怖いのよwww


まあ韓国にいるときはやっぱり日本語や日本のものに触れると
絶対的な安心感を感じるがね










ついにこんなもんまで(・ω・)ノ

ってまあワシがお勧めしてたんだけどねw

ジョングァンジャン(正官庄)のタブレット~
詳しくはコチラ➡︎


ここだと名前も日本語読みだからちょっと違和感ありだが

今年40の姉もメークよりも健康に興味が湧いてきたのかねww


いつまでも健康で早く三姉妹で旅行行きたいね~

冷え性の人には個人的に特におすすめですよ!




photo shooting

ふ~~~


もう11月ですね、11月ですよ?

はやっ!!



毎日が何かと追いついていけてないって感じでバタバタしてるが
いったいいつまで。。。。。。(笑)



そのっちの1歳の誕生日ももうすぐに迫ってるのに何の準備もできてないし



とりあえず今日、記念写真撮りを終えましたわ


スタジオにて家族写真をも含めた撮影を。。。。ってプランでしたが
もう5人ガチャガチャ写るよりも、3姉妹のみとそののソロ(噛みそうw)で構成することに変更


ぶっちゃけ子供の準備だけでも大変なんにワシまで、、、ってなるともう面倒でさ


今日終えたっていうのは実は数日前にも行ってきたんだけど夕方4時
一日の疲れがピークに出る時間帯なんでもしかして、、、、と思ったが
3姉妹のショットを終えて、チマチョゴリに着替えたあたりから不機嫌モード


そりゃそうだよな


カメラマンと別にあやし係が数名いてくれるが
とにかく声がでかくてビビるその

そうとも知らずに泣く赤子をさらに頑張ってあやそうとますます声もでかくなり
おもちゃもガチャガチャうるさい(苦笑)


結局この日はあきらめ、今日は12時と午前中のお昼寝も十分にとって挑んだものの
同じく声のでかさにビビり、ほとんど笑顔はなかった、、、、残念

あやし係りもそのの苦手な人に代わる前は笑顔もチラホラと好調だったのに
別の撮影を終えてヘルプに来てくれたせいでテンションダウン(爆)

子供って正直だからね~wwww


ま、それでも我が子はどんな写真でもかわいいからいいのだ!

今から大量のデータの中から7枚ピックアップしなきゃならんのだけど
いろいろ迷うな~



撮影を終えてわずか10分ほどで超笑顔なそのっち
その笑顔を撮りたかったのよぉぉぉぉぉ~~~


手術②




続き☆彡


そしてそのっちの健康以外にも気がかりなのが上の子達
入院中子供たちのお世話をシッターにお願いしようにもお願いする時間帯がもともと一番需要があるもんで苦戦


なかなか空いてる先生も居ない!ってな状況で悩んだりしてた矢先、実家の母よりお手伝いに来れそう。との申し出に舞い上がった~(人゚∀゚*)



先月母も癌のために手術を終えたばかり

術後の経過や追加の検査などで諦めてたんだけど、ひとまず急な追加治療、検査もないのでお願いしました




なんだかんだ言って頼れる処って実家の母以外ないんだなぁ



更に今回は台風の影響で主人が足止めを食らって帰れなくなり、子供たちは両親が居ないと言う自体になったが安心できたのも母達のお陰。

お金云々じゃないこの安心、という環境を提供してくれた母を見て、ワシも健康で長生きしつつ娘たちが結婚し、育児をする時には可能な限りの手助けをしてあげたい。純粋にそう思いました




脇道しまくったが、無事に手術に向けて出発



やっと手術受けれる!


という喜びと同時に、小さな体にメスを入れなければ、、、と言う申し訳なさで前々日から不眠気味


前日は夜中12時以降絶食なんでできる限りギリギリまで食べさせたり飲ませたり、力尽きて寝てるトコを11時半ごろ無理やり起こして少しでもミルクを~とやってみたがピクリともしないので不安を抱えつつ寝かせました



幸い夜中起きることもいつも通り無く、朝イチで点滴打たれてギャン泣き
大人三人で抑え込まれさぞかし恐怖で一杯だったろうな>_<


それから暫くして呼ばれ手術室のある二階へ


抱っこした状態で点滴を通して麻酔が打たれる


看護婦さんを見ながらじーっとしてるなぁって思ったら『もう寝たわね』と


え?両目バッチリしてますが?
聞く間もなしにワシから引っぺがされ、手足の形もたった今ワシの胸元に居た状態のままベッドに乗せられ入って行ってしまった


付いて行くわけも当然できず、
先生方に託すしかないのに
そんな自分が母親としてとても小さく無力で情けなくなってきた

と同時に、泣くことあるまい!と腹くくってたにも関わらず廊下で待つように言われるまで、無意識のうちに入り口で突っ立って泣いてたと言う、、、

。・゜・(ノД`)・゜・。



そんなこんなで主人にメールし、ひたすらそのに応援の祈りを捧げるしかない
この時はそのの事しか考えれないくらいやはり余裕ゼロでした



入って1時間弱、名前を呼ばれ麻酔からようやく覚醒しだしたそのが横たわってる


傍で泣かせるのが仕事のワシ


散々辛い思いして、さらにこの覚醒時が辛いのに何度も申し訳なく眠そうなそのを無理やり起こす


暫くしてそのまま病室にて2時間は寝せるな、との指示に声を枯らして泣く我が子を更に泣かす


その後グッスリと寝て起きて少しのミルクを飲んでくれた時の安堵と言ったら

よく頑張った。本当に頑張ってくれた



数日間は看護婦を見る度に泣いてたけど今では笑顔炸裂!
アイドルですw


明日には退院し、半月後には抜糸も予定してるので、その間自宅で管理しっかり頑張ろうと思う



入院ついでにワシの外反母趾予備軍も見てもらったけど、生まれつき足幅が広めだからどうしても靴やヒールは避けて予防するしかないとのこと。
しかもワシが痛いのサイドではなく親指付け根の裏側なんで骨の変形ではないらしいのね

まあでも気になることはせっかく保険もあんだしケチケチせずに調べようと思う


実はお腹のホクロも気になるのがあるからその検査も追い追いね



っと、また話がズレたが無事にひと段落つきました。



そのっちを授かって色々以前には知らなかった事、感じなかった事、当たり前だと思ってた事がそうでなかったり感じたり、得るものが多いのはやはり福の神だからでしょうか?



感謝の心を持たせてくれる


影ながら心配や助言をしてくれて支え励ましてくれた友人や家族、そして自責の念にかられた時に完全否定し、足りないわけじゃないから大丈夫!と医者でも無いくせに始めから言い切って気にするなと構えてくれた主人、みなさんに感謝(^人^)


また出頭医であるウ サンヒョン病院長、ここでは珍しくいつもニコニコで嫌な顔一つしない看護婦さん達
言葉をいくら並べても足りないくらい感謝の気持ちでいっぱい



今更医者とかには死んでもなれないけど(笑)自分も今の仕事を通したり育児を通したりと日々の積み重ねの中で誰かのために何かできるよう毎日を大切に過ごしたいと思う


小さいけれど今の、そしてこれからの目標にしたいと思います。


名医は腕のみならず、人柄もそれはそれは素晴らしかった










前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。