にんにく浸り ~韓国お嫁日記~

韓流ブームが来るその前から、何故だか恋に焦がれて来た韓国。とはいえまさかお嫁にくるなんて・・・・日々の生活の中でリアル韓国を紹介してきま~す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参鶏湯

とういわけで、タイトル通り参鶏湯を作ってみた



今まではこんな面倒なのは外で食べるのが基本!


と思い込んでたので疎遠でしたが、生徒さんに教えて貰って

とりあえずデカい鍋とかあればできそう。だったんで時間のある時にぐつぐつと煮てみることに









まずはスープですが、韓方薬に使われる材料を洗って投入。
すでに独特の香りです。

これはおまけでついてきたもんで色々入ってましたが
とりあえず『ファンギ』 ←写真の中の棒状のヤツ
があれば良しとの事。

良かった~ 朝鮮人参とか高いくせにマズいのは使いたくなかったから。
体に良いんだろうが食べれん。頑張って人参茶くらいやね




30分もするとこんなに茶色っぽくなりました。
匂いも結構しますが耐えれないほどじゃない(って、これ食うために作ってんだってば)




もういいんじゃない?ってとこまできたら準備してた鶏をドボン


鶏の写真は撮り忘れたが、
中に恒例のもち米、ニンニク、ナツメ、ファンギを入れてます。
あれば栗とか銀杏とか入れても良しらしい。

はみ出さないようにタコ糸で尻の方を縛っておきましょう。


お店で食べる時は小さいのを1羽ずつ食べるが
家で作るとなればそんなに面倒な事はしたくないできん


スーパーにある一番大きいのを一羽で代用。
やや足りなさげにも感じたが、残すのも嫌だから足りなさげで勝負!

鶏の首が鍋の端っこに引っかかって押し込むのにあくせくした



鶏が入ってくるのにスープがあふれるので事前にボウルに溢れそうな分は取り出しておいて
後ほど油やアクを取り除いた後に足すとちょうどいいです


そうこうしながら1時間ほどしっかりコトコト。

余熱で調理し、また沸騰させて、、、を2回ほど繰り返す
(圧力だったら、せんでも良かったかな?)





スープの色も白っぽくなってきました。

塩と黒コショウとアミエビの塩辛で味を調えるだけ!!



我が家はもち米の取り合いが目に見えてたんで
あらかじめ大目に準備してたのを鶏のサイドに流し込みお粥状にしてみた



どうせ食べる時はグチャグチャなんだしね(爆)



見事に食べきりました。
そしてソエにおいては、ほぼお粥ばっか食ってた。
まあ想定内ではあったが、、、、


しかも二日に一回これを作ってと二人に頼まれたし。
いやいや、こっちはそんなに鶏肉ばっか食えんし!



どうですか?
みなさんもお家で参鶏湯  ←自分だって初めてのくせにね(笑)

これから暑い季節が待ってますんで
タンパク質もりもり摂取してバテないように頑張ろう





スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://livliv77.blog108.fc2.com/tb.php/995-078c00bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。