にんにく浸り ~韓国お嫁日記~

韓流ブームが来るその前から、何故だか恋に焦がれて来た韓国。とはいえまさかお嫁にくるなんて・・・・日々の生活の中でリアル韓国を紹介してきま~す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わった!

一昨日なんとか無事に試験を受け終えました。





フライパンやらなんやら準備物が多く
荷物が夜逃げのようになるので主人が送ってくれたのはいいけど
出発早々、教科書を忘れたりのハプニングもありで
かなりの緊張ぶりでした ( ´,_ゝ`)プッ




指定時間までに入室後、
監督官による簡単な説明と出席チェック
なんとまあヘンテコな名前に呼び間違えられながらもいざ調理室へ



調理室に入って初めてお題がわかる仕組み。
もちろんそこで教科書に手を触れることは禁止


各自の調理スペースの狭いこと!!(;・`д・´)
ワンルームのキッチン以下でした

特に作業台
まな板おいたら皿なんて置くスペースがほぼない
ガスレンジも1つしか使えないから2課題同時進行するには
頭をいかに使って時間内に仕上げるかにかかってます。




ワシが受けた課題は

メジャッカというかりんとうみたいなお菓子と、
ふぐの煮付け


かりんとうは油で揚げてシロップをからめて10個も作らんといかんし、
ふぐは内臓を取ってあるのを3枚に下ろして定められた大きさに仕上げる
加熱によりぐっと小さくなるので大きめに切らなきゃなんないけど
材料もちょびっとしかくれんから下ろすの失敗したらもうアウト。
なんとか3切れ提出しましたよ~~


5,6人ほどの監督官が各々ウロつきながらチェックをしていくんだけど
なんせこの冬一番の寒波が襲って来た寒さと
冷水しかでない水道施設で手がかじかむ

あげく緊張して狭いからとにかく手際がわるかった ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。

そんな時に監督官が後ろを通ったりするから悪循環
とりあえずひきつった表情とか見せれないので
あたかも平常心ぶってるように演技
『次何すんだっけ?(゚□゚)ポカーン 』
と考えてる時も手を休めてたらヘタクソに見えるから
無意味にまな板拭いたり・笑


要領はもちろん演技力も問われる試験でもありました



とりあえず終わったもんは終わった
あとは1週間後の発表を待つのみ



試験が終わると忠犬のごとく待っててくれた主人と
先日公開したばかりの映画、『アバタ』を10分遅れで見た

たまたまその時間帯のが3Dバージョンで
韓国にしては高いチケットでしたが
次はいつ見れるかわからんし、2時間半も上映時間があるので
ソフィ、ソエのお迎えの時間を考えると必然的にこの回をみることに。



しょ~じき、CG使いまくりで漫画の世界みたいな映画は
あまりそそられなかったんですが、
これが期待以上におもしろかった!!(*°∇^V)


3Dだから本当に目の前にその人が居るみたいだったり、
とても幻想的な景色やジャングル
まるでその場に居るみたいな感覚でおもしろすぎ!

ストーリー内容はまあ、特に難しくも無く先が見えるっちゃあ見えるけど
とにかく映像のきれいさと、想像力溢れる描写に釘付けしちゃいました
(マイケルも生きてたらきっと気に入ってただろうな)


映画が終わるや否やダッシュで映画館を出、
家路につくまでの車の中でも
映画についての話でなく、
夕飯の献立について話す現実的なワシらがちょっとかわいそうでもありましたが
とっても充実した一日でした



あ~~合格してたらいいのになあ (〃´o`)



スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://livliv77.blog108.fc2.com/tb.php/515-9a8514d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。