にんにく浸り ~韓国お嫁日記~

韓流ブームが来るその前から、何故だか恋に焦がれて来た韓国。とはいえまさかお嫁にくるなんて・・・・日々の生活の中でリアル韓国を紹介してきま~す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術②




続き☆彡


そしてそのっちの健康以外にも気がかりなのが上の子達
入院中子供たちのお世話をシッターにお願いしようにもお願いする時間帯がもともと一番需要があるもんで苦戦


なかなか空いてる先生も居ない!ってな状況で悩んだりしてた矢先、実家の母よりお手伝いに来れそう。との申し出に舞い上がった~(人゚∀゚*)



先月母も癌のために手術を終えたばかり

術後の経過や追加の検査などで諦めてたんだけど、ひとまず急な追加治療、検査もないのでお願いしました




なんだかんだ言って頼れる処って実家の母以外ないんだなぁ



更に今回は台風の影響で主人が足止めを食らって帰れなくなり、子供たちは両親が居ないと言う自体になったが安心できたのも母達のお陰。

お金云々じゃないこの安心、という環境を提供してくれた母を見て、ワシも健康で長生きしつつ娘たちが結婚し、育児をする時には可能な限りの手助けをしてあげたい。純粋にそう思いました




脇道しまくったが、無事に手術に向けて出発



やっと手術受けれる!


という喜びと同時に、小さな体にメスを入れなければ、、、と言う申し訳なさで前々日から不眠気味


前日は夜中12時以降絶食なんでできる限りギリギリまで食べさせたり飲ませたり、力尽きて寝てるトコを11時半ごろ無理やり起こして少しでもミルクを~とやってみたがピクリともしないので不安を抱えつつ寝かせました



幸い夜中起きることもいつも通り無く、朝イチで点滴打たれてギャン泣き
大人三人で抑え込まれさぞかし恐怖で一杯だったろうな>_<


それから暫くして呼ばれ手術室のある二階へ


抱っこした状態で点滴を通して麻酔が打たれる


看護婦さんを見ながらじーっとしてるなぁって思ったら『もう寝たわね』と


え?両目バッチリしてますが?
聞く間もなしにワシから引っぺがされ、手足の形もたった今ワシの胸元に居た状態のままベッドに乗せられ入って行ってしまった


付いて行くわけも当然できず、
先生方に託すしかないのに
そんな自分が母親としてとても小さく無力で情けなくなってきた

と同時に、泣くことあるまい!と腹くくってたにも関わらず廊下で待つように言われるまで、無意識のうちに入り口で突っ立って泣いてたと言う、、、

。・゜・(ノД`)・゜・。



そんなこんなで主人にメールし、ひたすらそのに応援の祈りを捧げるしかない
この時はそのの事しか考えれないくらいやはり余裕ゼロでした



入って1時間弱、名前を呼ばれ麻酔からようやく覚醒しだしたそのが横たわってる


傍で泣かせるのが仕事のワシ


散々辛い思いして、さらにこの覚醒時が辛いのに何度も申し訳なく眠そうなそのを無理やり起こす


暫くしてそのまま病室にて2時間は寝せるな、との指示に声を枯らして泣く我が子を更に泣かす


その後グッスリと寝て起きて少しのミルクを飲んでくれた時の安堵と言ったら

よく頑張った。本当に頑張ってくれた



数日間は看護婦を見る度に泣いてたけど今では笑顔炸裂!
アイドルですw


明日には退院し、半月後には抜糸も予定してるので、その間自宅で管理しっかり頑張ろうと思う



入院ついでにワシの外反母趾予備軍も見てもらったけど、生まれつき足幅が広めだからどうしても靴やヒールは避けて予防するしかないとのこと。
しかもワシが痛いのサイドではなく親指付け根の裏側なんで骨の変形ではないらしいのね

まあでも気になることはせっかく保険もあんだしケチケチせずに調べようと思う


実はお腹のホクロも気になるのがあるからその検査も追い追いね



っと、また話がズレたが無事にひと段落つきました。



そのっちを授かって色々以前には知らなかった事、感じなかった事、当たり前だと思ってた事がそうでなかったり感じたり、得るものが多いのはやはり福の神だからでしょうか?



感謝の心を持たせてくれる


影ながら心配や助言をしてくれて支え励ましてくれた友人や家族、そして自責の念にかられた時に完全否定し、足りないわけじゃないから大丈夫!と医者でも無いくせに始めから言い切って気にするなと構えてくれた主人、みなさんに感謝(^人^)


また出頭医であるウ サンヒョン病院長、ここでは珍しくいつもニコニコで嫌な顔一つしない看護婦さん達
言葉をいくら並べても足りないくらい感謝の気持ちでいっぱい



今更医者とかには死んでもなれないけど(笑)自分も今の仕事を通したり育児を通したりと日々の積み重ねの中で誰かのために何かできるよう毎日を大切に過ごしたいと思う


小さいけれど今の、そしてこれからの目標にしたいと思います。


名医は腕のみならず、人柄もそれはそれは素晴らしかった










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://livliv77.blog108.fc2.com/tb.php/1065-dc659564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。