にんにく浸り ~韓国お嫁日記~

韓流ブームが来るその前から、何故だか恋に焦がれて来た韓国。とはいえまさかお嫁にくるなんて・・・・日々の生活の中でリアル韓国を紹介してきま~す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発祥の地

ワシは島っ子だ


南国島でもなく、こじんまりとした国境にも二番目に近い平坦な土地


過去の歴史にも名を連ねる知る人ぞ知る島だが現状は過疎化に拍車がかかり時が止まった日本なんに日本とはまた違う風土や慣習が根強く残ってます


昔は島=田舎で恥ずかしい時期もあったが今は島に生まれ育ち新鮮な食物に綺麗な空気、のんびりと流れる独自の時間や自然が恋しく誇らしくてたまりません
THE 愛島心(笑)



島に限らず各土地には誇るものがありますね

ウリ島はイカが上手いのなんのって!
ワシこっちでイカ刺食えんくらい甘くて色白でスリスリしたくなる程


そして旨い肴がありゃ、旨い焼酎もあるときた!


なんと麦焼酎の発祥の地でも知られてます


芋好きなワシだが、19までは断然麦派だったが、都会で手に入る麦の不味さから芋に走ったわけ


ここ数年、紙パックの黒霧様にお世話になってますが、やはり麦も旨い
主人は酒ダメでわからんし、都会では入手しづらい地元限定を含むトリプルを帰ってくる前に休暇に入った叔父(も船乗りよ)から頂きました



重たいだろうけど、、、、



と一言添えて頂きましたが、

焼酎なら重くない!!
服捨ててでも最優先でスーツケース入りだわよ!



すでに主人に芋2升持たせたあげく
仕事で日本入りした際に追加でもう1升(爆)
最近泊まりが少なくなったから念には念のストックってわけ


3升ストック有りだが麦と芋は別物
ウリ島の麦は何割か米も入って切れ味が良いのに米より辛すぎない
実に絶品!!
クセがあるので本当の焼酎好き以外の人にはやや飲みにくいらしいがワシは何が飲みにくいのかサッパリだわ









これがトリプル
左は島限定。
真ん中は定番。
右は復刻版。


島内にはいくつかの酒造会社がありますが
ここのがマニアにはたまらん会社
初心者にはややキツ目と言った感じでしょうか?






裸にしてみた。

島限定はワインボトルみたいでオサレ。
定番はシンプルさを貫き通してます。
復刻版は創立1900年のレトロさをかもしだしてます。

しかもすでに残量ゼロ(爆)


酒造方を守り続けろ!との初代主の名前が付けられただけあってかなり飲みやすい
まろやかで翌日に残ること知らず
25度なのに20度切ってんじゃないか?ってくらいスルスルと体に入って行くわ(^.^)


あー、ますます実家に戻りたくなった
旨い酒に肴に囲まれながら人生謳歌したいわぁ
主人がもちっと日本語頑張ってくれたらよかけどね


焼酎好きなあなた。
ぜひ島へおいでまっせ!!!!
期待は裏切りませぬぞwww
スポンサーサイト

緊急

ついに我が家にもインフルエンザがこんにちは。


昨日からソエが体調を崩したまではいつものパターンだったが、なんと鉄の女の称号を持つソフィ様が予想外の発熱。
産まれてから3度目かそんくらいなだけに異常を感じ、今朝早々と病院へ


結果喉がかなりやられててインフルエンザ陽性。ソフィが陽性ならソエは検査せずとも(苦笑)


二人点滴にお世話になり、今はだいぶ経過ヨロシって感じですが、ソエの頑固さに手を焼きつつあります



したがい、しばし日本滞在日記は保留(涙)


みなさんも病気に気をつけてくださいね
ワシも予防接種済みだが彼女らとの体力差を考慮し、体調管理に気をつけます!!

ソエの最近

世の中のお子どもは今頃お年玉をどう使うか悩んでるだろなあ


ワシが子供のころは1万円だけ手元に残しあとは全部貯金してもらってました
買い物する場所がないのも大きな理由でしたが、大人になって使うぞ!
と大事に温めてたのにアレはどこへ行ったのかしら?
4人兄弟だし、今みたいに大きい額じゃなかったにしろ、猛烈後悔(爆)
きっと学費に消えていったんだろう


ソフィ達も今までは何かを買うってしなかったが、今年はちょっと使わせよう

クリスマスと誕生日以外に高価な玩具なんて買い与えたことないもんね(苦笑)

早速姪も一緒にダイエーへ
残念ながら玩具の種類がベビー中心で品薄
少子化だわね。って単に田舎なだけ!?


好きなものを買わせようにも選択肢が少ない

ソエはアンパンマンの黒ヒゲみたいなやつにしたが、慎重、いや優柔不断なソフィは1時間近く迷っても決めれずついに助言

別に玩具じゃなくても靴とかリップとかでもいいんだよ


すると考えが変わったようで靴にすると。
ソフィが目につけたラメのスリッパ
ヒールもあり本人即決したがサイズがなく、幼稚園には履いて行けない旨を伝えるとまたもや悩む


その横で


ソエちゃん、これぇ~★

と、勝手に靴を履きだしたwww









これが気に入った模様

だがすでに玩具を買っていたため
一つどちらかを選ぶように言うと速攻寝返りうちましたよ(笑)


ひとまず玩具を払い戻し、靴を購入








サイドの細かいデザインと男女関係ないブルーグレーがワシも気に入った!


ソフィのお下がりのアディダスを思うとやや勿体無く感じるがしばらくは活躍してくれるだろう



やっとソフィが決めたのは黒のシンプルなバックルがミッキーの形をしたブーツ

ちょうど小さくなって買い直しをしようか、と思ってたんで親としては助かる賢い買い物ですね


追加でずっと前から欲しがってたマニキュアを特別に(^o^;)




そして話はそれるが3歳の誕生日を控えてたソエにピアスのプレゼント


車やレンジャー系に血が騒ぐソエはさほど興味がないだけに、芋を買いに行った際、いつでも開けれるようにピアッサーも購入済みでした

とにかく頑固だから機嫌を見計らうのに3日
姪とイチャつきなかなかのご機嫌振りに遭遇し、姪にも応援を要請(爆)


甘い声で誘い、まずは氷で耳を冷やすが冬場なだけにこれすら困難かと思われたが、案外楽しそう



可愛い!


なんて言ってしまうと


ソエちゃん、カッコイイよ!


と突っ込まれるので、ソフィの時とは対象にひたすらカッコイイ!!で釣りました


ギャン泣き覚悟。
しかもソフィのように一度泣いたら飴なんて無効なソエ

片耳で終わるか!


そう予想してたのに、、、



泣きもせん(・・;)




これには姪もワシも全員が驚き(;o;)

その後も全く痛がることなく
あんなに慎重になってた事に拍子抜け


まあ無事に恒例の儀式?も済みました







目付きが怖いが視線の先は宿題をする姪に向けられてます
根に持つタイプなんで、騙したわね!って思ってるのか?(笑)


ソフィが恋人のように腕をソエに回してる姿が可愛い♪
心霊系のテレビを見てしまってからは超ビビりまくりでトイレも横で待ってなきゃいけなくなる程面倒な事になっちゃいました
見るな。言っても怖いもの見たさもあるんかね?ガン見で硬直だったな(爆)



そんなこんなで娘達と楽しいショッピング日和な一日でした

姪とも大人の買い物が楽しめるようになり尚更楽しかった(^_^)v

新年

元旦です。

が年越しは夜中に一応してたのでのんびり起床
今回は大姉が都市に遊びに行っててやや寂しいスタートでした
娘である姪っ子は羽を伸ばしてましたが(笑)


昔よりも色々と簡単になったり量が減ったりしたが
本家の我が家は相変わらず人手が要ります


今回ワシはチャプチェを担当
あと切り身だが刺身も切った(だいたい食いたいヤツが切らねばいかんからね・笑)
1品でも作ればおばあちゃんの仕事が減るからね^^


とは言えどもおばあちゃん、相変わらず何かやってます

しかもこんなものを利用して、、、、









昔我が家は薪で風呂を炊いてました
当時でもそんな家は珍しい方で幼心にちょっと古いのが恥かしくもあったが
今思えばとても贅沢な風呂生活を送ってたなぁ
今では入りたくとも入れない芯から温まるあの風呂が懐かしい


この釜は現在もこういう時や大量の野菜を湯がいたりに大活躍
味噌作りにはもっと大きい移動式釜もあったが今はどこへ行ったんだろう?


写真を撮るワシに、そんなもの撮ってどうすんだ?と突っ込まれましたが(爆)
こんな貴重なものが我が家で未だに稼動してることが素晴らしいあまりです


途中、義姉が(お兄ちゃん一家も帰省中でした)ソフィと甥っ子(息子)を連れて散歩へ
ソエは2階でみんなが遊んでると思いのぼって行ったが誰もおらず
更には建てつけの悪くなったドアを開けれずギャン泣き
こういう時声デカイ子でよかったなって思った(爆)


オンニ~オンニ~と泣きながら外を探し回る
我が家はちょっと高台のところなんで木戸先を見回すが見当たらず
主人が連れて道路側へ出たが居ない、、、、、
捨てられて大泣きのソエを見てると
遠い頃の自分と重なって同情しちゃったわ
ワシもいつも置いて行かれては泣きながらおばあちゃんに引っ付き廻ってたからね


待てども帰ってこず
翌日には韓国へ戻らなきゃいけない主人へ荷物を託したく
ソエだけつれて買い物へ


12月頭にも帰ったし、
どうしても買わなきゃいけないものは芋くらい?
2本運ばせましたわwww


買い物中、やや納まってたソエの機嫌
ゲーセンで釣りました(笑)


ワシ一人会計してると伯母と同級生の従姉妹に遭遇
従姉妹は我が家の主人をまだ目にしたことないので呼びに行き、
ちょっくら立ち話
彼女、早く結婚して苦労した分今では上は小学4年(直に5年生)、と1年生の子持ち
とてもそんな大きな子どもがいるように見えず
成人しても一緒に遊園地行けるって言ってる彼女が羨ましかった^^
早く苦労したぶん、早く子育てからも解放されるって結婚してから実感だよ  トホホホ


じゃあ明日お邪魔するね~

なんて別れワシらも駐車場へ行こうと思い
少しでも館内を歩きたかったワシは伯母たちとは逆方向へ向かった


が、、、、!!!



こん時に自動車のカートを発見し乗る乗る!!と喚きだしたソエ
おかんに頼まれてたわさびも早く持って帰らんといかんし
荷物が重たくて(焼酎のせいでね)却下

車の中で延々と泣かれましたわよ



散歩に行ってたソフィ様
義姉が途中道に迷ったらしい。
都会の人には田舎すぎてどこも一緒に見えるからねぇ
そもそも目印らしいものすら無いから無理もないんだけどさ


するとですよ

ソフィがこっち。と誘導し
無事に帰宅したとの話を聞いてビックリ!
義姉よりは頻繁に来るが普段あまり通らない道までも把握してるとは
さすがソフィ様。しっかり者だわぁ
しかもソフィ抜きで買い物に行ったこともちゃんと責められました(爆)


夕方はアサヒに上手い刺身に久々に親戚やらに会って
楽しい時間を過ごせました^^
チャプチェも好評でおばあちゃんもたくさん食べてくれて嬉しかった
本当はもうちょっと早く帰って他の仕事もワシがしてあげれたら良かったんだけどね
来年は早めに帰ろうかな。と思います




テーマ:キッチン生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

〆の、、、

皆様、遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます
今年もどうぞ宜しくお願いします




さてさて、新年一発目の日記、日本滞在編が続くと思われますが
どうかお付き合いを^^



結婚してから2度目となる正月を日本で過ごすことにルンルン
今回は主人も休みを取って一緒に出発したので船内でも子ども達を託し
朝からアサヒとイカをむさぼり食いながらの船旅となりました  ←頂いたからには残しちゃ悪いじゃない?

冬場の割には高波もなく子ども達もひたすら食っちゃ飲みの3時間(笑)



実家は島なんで、日本入りした後もすぐに船の乗り継ぎ
ルートとして2通りの選択肢が有ったんだが
乗船時間の短いルートだと乗り継ぎに3時間もかかるので(年末年始ダイヤに変わってたため)
いつものルートで帰国


乗り継ぎまで1時間というちょっとバタバタではあったが早く陸地に身を寄せたいがため
ちょっとタイトなスケジュールを組みました

国内線乗り継ぎは歳の暮れということもあり満員
チケット購入後列に並んで待ってました(指定席ではないので)
途中ソフィがお茶を飲みたいと
ワシのカバンには子ども達とワシのパスポート、お茶、ティッシュ、財布くらい
ソフィに水筒を渡し、その間ソエがう○こ。とか言い出して
急ぎでトイレに連れて行き、すぐに乗船開始のアナウンスが


指定席ではないがフェリーと違って必ず席の確保はできてます。
が、ソフィ、ソエは未就学生なんで膝に座らせれば無料
できれば隣同士の席が欲しいっすな


いざ乗船しようとするとワシのチケットがない!!


主人には渡してたんで、とりあえず子ども達を連れて先に行くようにお願い
人がごった返す中で探すにも探せないので人の波が引いてから
カバンの中や上着のポケットの中をひっくり返すが出てこない(汗)
電車の切符じゃあるまいし、何故に出てこないのか、、、、、



頑張れども頑張れども出てこず、再発行をお願い
もちろん料金はまた払います
後に紛失分が出て来たときの払い戻し照明書を作成してもらってたら電話がなった



『何やってんだよ!早くこいよ!!』


この時点で腹も減っててイラついてたが状況を説明

すると

『そんなのいいから早く来いってば!!』



はぁ?チケット無いと乗船できんのやけど?!


一気に険悪モードになり通話終了
荷物をガラガラ引いて乗船場までダッシュすると乗船口にデカい男が立ってる
ひとまずチケットを切ってもらい乗り込もうとすると



『ここにチケットあるってば!ソフィが持ってた!』


と、何を思ったかそのチケットまで係りのオヤジに切らせてもうた(怒)
払い戻しの時に切り離すと無効になるので超焦ったワシ
ってかワシが再発行分チケット切ったの見てたやろ!?
チケット半券と客数合わなかったら会社にも迷惑やろが!


っていうかさ、、、、





まくし立てる前に先ずはチケット有った事から言ってよ



ってなやり取りを船に乗り込む前にガーっとしたわけ
もちろん韓国語でね(苦笑)
係りの人もなんだなんだ?的な目線でしたが歳取ると人目も気にせんわ(爆)


ワシがほぼ最後の乗船客ですぐに出航
無事に隣同士の席を確保してくれてましたが
珍しく主人がブチブチ
そんな主人にワシもカチン
静かにしてるお客さん達の中言い合うワシら2人
一応日本なんで周りを考えて声のトーンは抑えましたが
かなりみんな聞き耳たててたハズ


どうやらチケットをソフィに水筒を渡す前に
ちょっと持っててって渡してたようだ(記憶にないが)
確かに100%ワシの落ち度だけどさぁ
何を怒る必要なくね?
しかも無事に出てきたんなら払い戻し受けれるじゃん
それをグダグダ言いやがって(怒)


ムカついたんで主人の復路のチケットを

『自分のは自分で管理しとくれ。ワシは子ども達の(管理)でいっぱいだ』

と吐き捨てながら渡すと

『降りるとき半券失くさんようしとけよ!』

と、産まれてずっと船乗ってるワシにむかって言い返してきた  ムキーッ!!

これ以上口論はしたくなかった(できなかった)んで


『とりあえず心配よりも怒ったことを詫びろ!』

と言い、主人も素直に謝ってきたんで形式上は終了
が気持ちがなかなか治まらず、お菓子のゴミや子ども達の鼻拭いた
使用済みティッシュを主人の上着のポケットに投げ込んでやりました(爆)
ちょっとスッキリ



無事船が着岸
久しぶりの実家だわ~
と思い降りると今度は主人が半券を探してる、、、オイオイ



必死にポケットなんかを探すが
出てくるのは韓国から乗ってきたチケットやらさっきワシが突っ込んだゴミのみ



船では航海中に身を投げたりするのも防ぐために
下船の際には半券を係りの人に渡すシステムです


『なんでダブルチェックだよ。。。。』

とブータレる主人。でも出てこない半券



『さっきワシに偉そうに失くすなって言ってたの何処の誰よ?
ってかダブルチェックなんて今に始まったこっちゃないし!』


『うちの会社(主人の勤務先)はダブルチェックしないのに!』

そりゃ、入管側で自動的にチェックできるし
名簿も送ってるから必要ないわけじゃん?
でも国内線では入国みたいな手続きがないから
こうやってるんでしょうが!!
旅客船10年乗っててそんくらいも知らんのかよ、、、、


またゴタゴタしてると




あの、、、、無いなら次回乗船の時で結構ですよ、、、、



下船の際主人が半券と思い、復路のチケットを出したので
また乗ることが分かってた係りの人



『もし(チケットが)出てこなかったらどうなるんでしょうか?』

と伺うと




あ、、、もう結構ですよ、本当に、、、、



とやんわりではあったが



これ以上コイツらに付き合いたくない
雰囲気がムンムン(爆)


結局半券は出てこずに謝って退散


従兄弟が出迎えてくれてたが
ギャーギャー騒いでたのが気になったらしくどうした?と



これまでのやり取りを説明すると


まあ、似たモン夫婦やな


ですとwww



せっかくずっと大した喧嘩もせずに穏やかに過ごしては
平和に年末年始を送ろうと思ってたのに
31日にやっちゃいましたよ


今年はこれくらいで喧嘩すんなって事でしょうか?


何はともあれ帰宅後すぐに美味しい刺身に舌鼓を打ち
とりあえず和解成立 ←単純?


そんなこんなの2011年の幕閉めでした


そして新年の抱負として年明けは仲良く!と約束したのは言うまでもない(笑)






テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。