にんにく浸り ~韓国お嫁日記~

韓流ブームが来るその前から、何故だか恋に焦がれて来た韓国。とはいえまさかお嫁にくるなんて・・・・日々の生活の中でリアル韓国を紹介してきま~す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモ

先週で土曜日毎の授業も終了


今週からまたいつもの、のんびりとした週末がスタートです




ソフィの幼稚園で、先週から『芋』について授業やってるらしく、
それと関連性のある教材や材料の提供が呼び掛けられてました


さつま芋の絵本が家にあり、
内容も簡単で楽しいから貸出ししたいが
日本語...



あらましを韓国語で書いて先生に渡したのち、あとは絵をみて先生なりの作り話で進行してもらおうか、とも思ったけど何かお互い面倒くさい(笑)


別に強制じゃないんでスルーもできるが、
一度も協力しないんじゃソフィの面子がなくなるかなぁ。なんて過保護な思いも


実際は知らん、ワシの妄想な話なんだが

今日は〇〇君のお母さんが...



って協力者の子供を持ち上げ
それを見た別の園児たちは先生に気に入られようとオンマたちをプッシュ

見栄っぱりな傾向の韓国オンマたちは自然と張り合うようになり
我先にとムキになる

ってなシナリオが幼稚園側には便利で都合よしってわけ。



あくまでもワシの妄想にすぎないってのを強調するが、万が一これに近いムードがあったりしてたらソフィにも申し訳ないもんね



と言うことで、かなり久しぶりに
スイートポテト
を作りました



きっと知らない子たちが多数、
下手すると大人でも知らない人多いんで
芋はこんなふうに加工して食べてもマシッソヨ。ってな感じで紹介してみようかと。


芋ピザや芋ケーキの水飴たっぷり、人工甘味料どっぷりなペーストとは違い
芋独自の甘味を少量の乳製品で最大限にいかした美味しさは芋のすごさを再確認できる良い機会だからね





小さく絞りだしたのは園児用


昨日からバターを探してるが近所のスーパーにはマーガリンのみ(涙)

2件もあんのに全く使えん!


仕方無く安くない、ちょっとバターに近いマーガリンでしのぎ、
これまた問題の生クリームももちろん売ってなかったのでギリギリ悩んだ結果


クリームチーズ


を使ってコクをカバーしてみた

しかも小分けパック二つの40gしかない
自分の感と舌を頼りにレシピ作りから始めました。



芋は甘さが足りず、ハチミツで補足


予想以上に美味しくできました
今度からクリームチーズは必須だな(^o^)v



ここいらで、エピソードをひとつ。



ペースト状まで作ったところで昼食の準備に入ったワシ


そこへソエちゃんが、クサイ。
とかいいながら登場

何が臭いのか聞いてもソエ用語が聞き取れず
そこへ通訳のソフィも登場


チーズの臭いがするって。



その時点ではチーズは芋やらと合体済み
しかも目の前で炒飯してそっちの匂いと勘違いしてんのかと思ったら
クンクンと鼻をならしさ迷ったあげく


ここからチーズの匂いがする!!!



お見事。
もう我が子たちは食と関わるための能力を
産まれながらに授かった、としかいいようがありませんわ
スポンサーサイト

見間違えるほどに

朝晩はググッと冷え込む釜山です




洗濯物干し終えて、子ども達の部屋の窓昼間開けてたのを思い出し
締めに入ってきたら・・・・






二人とも走る格好(絵文字とかでありそうなやつ)で寝てた


腹の布団も剥がれてたんで
ソフィ様にはマリーちゃん
ソエちんにはひよこのをかけようと思ったら




よく見ると2人を見間違えてた!!笑



ソフィが足曲げすぎなんだもん~~



でも何だかんだソエも寝たらデカいな~
2つも違わんから間違えるのもしゃーないんだろうけど   頭のサイズも一緒だし(爆)



今日、牛乳を買いに3人で出かけたとき
駐車場に車が出入りしてたのを見てソエちんが


『オンニ~くるまぁ~』


と、ちゃんと日本語で言ってました


母親が日本人なんだから当たり前っちゃー当たり前だけど
我が家はどんなに頑張っても韓国語の方が主流で
他の日韓カップルのお子さん達より伸び悩んでる方です



特にソフィん時は産まれた時から韓国語ばっかだったなぁ
だってアッパがちっともさっぱり日本語駄目だからなぁ


ソエが産まれてからはもうアッパ抜きで日本語を使う努力を始めたお陰か
だいぶ巻き返した感じ


なんかダラダラ、バラバラとした内容ですが
また最近2人の成長ぶりをしみじみと感じてます


もっと大きくなったらもっともっとお買い物とか一緒に行って
美味しいもの食べてって、できるかと思うと楽しみでしゃーないwww


っつーこっで、窓閉めたからワシも寝ます






テーマ:育児生活 ママの日記 - ジャンル:育児

力作

今日のケイク



昨日かわいいデコレーションの
グミを発見

アメリカの計り売りのヤツで
チョコや飴を好きなものを好きなだけ買えるのが魅力です

味は大して旨くないけど
見た目は派手でかわいい






リボンは長いゼリービーンズを使ったもの

本物そっくりなベリーもグミ!


中身はブドウを前夜から
皮剥いて、種取って下ごしらえしたものをサンド

今回は金もかけたし(笑)
毎回言ってるようだが、
子供たちのハートを確実にゲット



.....のはずが!!!




まさかのバナナに敗北(涙)



ちょっと立ち直れないわ(爆)

泣き声

かれこれ10分以上前から子供のギャン泣きが聞こえる


この国の感覚じゃ夜遅くに連れまわすのも珍しくないし、またか。って感じでいちいち外を確認しなかった



んでしばらくすると静かになったが、また...



ギャン泣きもひどいし、
ずっとオンマを探す声



流石に声が聞こえる方をベランダから見ると、
昔ながらのポデギ(オンブ紐)におぶわれた子供が正体のよう


おぶってるのは、これまたよくあるパターンでバアさんらしき人


何がびっくりしたって、バアさんの右手には点滴ぶら下げるガラガラがひかれてる


去年ソエもお世話になった、うちの前の病院に向かってる模様



点滴はもち子供が受けてる


何の事情があってオンマが居ないのかはしらんし、
バアさんの普通に点滴刺したままウロついてんのかも知らんけど、ちょっとありえん



以前知り合いの子供が入院中に
実母にまかせて、飲み会に夫婦で来てた人を知ってるだけに、なんだか余計な心配してまう



こっちでは実母、または義母に預けっぱなで会社務めをするのは珍しくない
週末だけ子供に会いに行って、平日は会わないってケースで



このシステムにはいまだ難解をしめす
勤務時間は仕方ないにしろ、疲れたとかの理由で子供を連れにも会いにもいかない

それで母親面したり、育児の大変さを語られたりしても....



話がそれたけど、
さっきの子供の泣き声と泣き方で
ワシが切なくなっちゃったわよ


早くオンマがあの子に会ってくれることを
勝手に祈ってます

最終日

  今日もキレイです
      



最後の日の海水浴は姪っ子のお友達も一緒に行きました


姉からはよそ様の子どもに何かあってからじゃ遅いから、
できるだけ自分が居ない時は呼んじゃ駄目って言われてましたが、
友達のお母さんの了承も得て
絶対に深いところには入らせない。約束で参加してもらいました


このビーチは意外に潮の流れが早くなったりするので
浅瀬でも油断禁物です



2人には常にスタート地点の確認と
首にかかるところまで入らない

を徹底してもらい、
子ども達と遊んでもらいました


この子(姪っ子の友達)とも何だかんだ帰るたびに会って
ソフィが生まれた時からかわいがってもらってるの

実家に帰った翌日もさっそくソフィに会いに来てくれたり
家族外の人にも愛されてるソフィ様たちは本当に幸せだわ

ソフィもソエちゃんもベッタリ(笑)



途中子ども達が浜にあがっておかんに見てもらってるときに
ワシと姪っ子達とで海水浴

意外にも

『平泳ぎ』

をまだ習ってなかったらしく
一生懸命練習してたので
一応もと水泳部のワシがコーチング

素もぐりとかできて平泳ぎできんってのもウケるなwww


ワシも久々にもぐってみたけど
すんごい気持ちいい

子ども達の手前深いところではできんかったけど
調子こいてたら底に顔すってしまった(爆)


ソフィたちはこのもぐるのが新鮮だったみたいで
何度も見たがる

入水地点と
出てくる地点が違うから不思議だったんだろうね
ちょっと羨望のまなざしを受けちゃいましたよ


後半は波が強くなってきて
ソフィたちも押されてたので上がらせ
ワシらは船の往来も手伝って最高の波遊び

これぞ海水浴ですなぁ


たったの数日だったけど
海水浴も満喫でき、
おいしいタコにも鯛にもあやかり
かなり満足な滞在となりました


それと同時につくづくこの島での子育て願望が強まり、
帰国後の今はピークに帰りたい病・・・


早く嫌韓気分から脱出できることを願うわwww









テーマ:☆夏休み☆ - ジャンル:育児

ふれあい体験

帰国前日



実質最後の滞在の日も朝から元気に遊びましたよ~


島なんで行くところもあんまりないんだが、
子ども達も楽しめる観光スポットに行ってまいりました



くじら、じゃなかった、いるかパーク!



餌付けの時間帯に合わせて出発

観光客もいて賑わってました



有料ですが『ふれあい体験』ってのもあり
5名まで参加可


おおおっ!!
子ども達も楽しめるかも



空きまくってたので申請すると
『小中学生優先です』


それでも埋まらなかったので再度申請すると
またもや同じことを言われた


ん??


あ~ね


小学生以下は対象外だったらしい


だったらそれを初めに言わんかい!!
しかも姪っ子は小学生なのに観光客を優先しようとする係りにイラッ

韓国客はジジババしかおらんじゃん


結局姪っ子も参加できることになり
それでも空きがあったので(爆)
大人の女性も参加してました


ワシもしたかったけど観光客にお譲り
ワシはまたいつでもできるしね












いや~




姪っ子ダントツに黒いわ(笑)



そりゃそうだな

他の人たちはみんな島外の人たちだもん
年中日焼けの姪っ子に勝てるわきゃないかwww



姪っ子も初めて体験したみたいでよかったよ


どうでもいいが、いるかの感触ってナスビとそっくりらしい
係りの人が帰ったらナスビを触ってみて。なんて言うとったし

あ~ワシも触ってみたかったなぁ

いつかソフィたちが大きくなったら母子で参加してみよう^^





テーマ:☆夏休み☆ - ジャンル:育児

33歳目前に

海水浴を終えて帰宅後、
子ども達の砂落としを外でしたりして
姪っ子にお風呂を頼んでた時



親戚のおじさんがやってきました



車から降りるやいなや
引っ張り出したものがコレ






鯛です












包丁を置いて大きさを強調してみましたwww


かなり久々に会うのにワシは水着姿でウロウロ(笑)
すんませんねぇ



誕生日前にこんな鯛にありつけるなんて
今回の帰国はラッキー続き♪


早速オトンと二人で解体作業

これをつまみに一杯って考えると
風呂なんて後回しだわよ


鯛はうろこ取りが面倒でちょっとおとんが手抜きしてたのが
目にあまったが、まあよかろう


解体後はワシが刺身に


皮もきれいに取りきれないので
皮から身を剥ぎながら切るのがちょっと難しかったが
横から大先生のおばあちゃんの助言を受けながら
せっせと切りましたよ


え?ええ、もちろんこの時もワシ水着着用(爆)

外で同じ顔が型を並べ
方や、上肌着、
方や上下水着


さぞかし滑稽だったことだろう


鯛のお吸い物に
鯛の刺身

オカンがなんかおかず作ってなかったからね



ちなみに我が家両親は刺身苦手
白身はまあちょっとは食うが基本生食苦手なんですよ

もったいないわねぇ


ソフィとソエもガンガン食べる
やっぱり新鮮なお刺身は美味しいわねぇ


ちなみに腹いっぱい食ってもまだ半分

翌日も刺身付けだったのは言うまでもなかろうwww


ちなみに主人はお休みで夕食ラーメンだったらしい
かわいそうに・・・








テーマ:☆夏休み☆ - ジャンル:育児

海水浴そのニ

一度海水浴の楽しさを知ったらもう朝から海、海、海~~!!


と叫ぶ子ども達の要望もあり、
またまた海水浴です


この日は前回と違って晴天、やや波アリ





  浮き輪なしでダイジョウブか~?

          

どうです?

島なんだから海がきれいで当たり前ですが
ここは観光客が来るほどでもない海水浴場

有名な海水浴場はもっと澄んでキレイなんだけど
これでも充分透明で
砂もすんごい柔らかい




          


この日はソエちんも早々と入水
出かける時に昼寝中だったもんでお着替えもなしだけど
まあいっか



波打ち際に姪っ子と座って休憩してるとき
あまりの砂の柔らかさからちょっとスクラブマッサージをしてみたら
おどろくほどすべすべに!

痛そう?


ううん、天然スクラブはキメ細やかで痛くもなかったわよ

姪っ子も真似して顔までガシガシやってたもん(爆)
流石にワシは顔はしてねーけどよ

波がすぐに洗い流してくれるってのもあって楽チンだったわ



この日はワシがちょっと疲れて浜辺で子ども達が砂遊び中に昼寝してもうたら
背中がすんごいことに!

おかんは『歳なんだからあんまり焼かん方が・・・』

と言ってくれたが、
夏はこんがり。くらいが好きなんでよかったですわwww



テーマ:☆夏休み☆ - ジャンル:育児

海水浴

ちょっと放置してましたが、
引き続き日本滞在日記でも



夏の島といえばもう海しかない


今回は海水浴も目的に帰ったようなもんです







 午前中は公園で
    貸切状態で何度もすべる子豚たち



張り切って行った海水浴初日はあいにくの曇り模様


まあ暑すぎよりは過ごし易いだろう。

波もなく子ども達にはもってこいでした



  


ソエちんはちょうど眠気が襲ってくる時間帯だったので
ちょっと不機嫌

ちっとも海には入りたがらなかったので
おかんに見てもらい、
ワシと姪っ子と子ども達で入水

んでお決まりの帰るころになって入りたがるというwww


ビビりのソフィさまも同じ歳の甥っ子のお陰が
思いの他ジャブジャブ入ってました



泳ぎ疲れて小腹が減ると
持参したオニギリをほおばる


そして砂堀したりして遊ぶ


何だかんだ3時間以上も浜辺ですごして
日差しが弱かった割には
ソフィ様すんごい焼けた

赤くもなく即効黒く馴染んでましたよ(笑)


大きな声でいえないが
ソフィって日焼けするとますます主人ソックリ!!

今までも98%は主人寄りだったけど
黒さでどっからみても主人の子


でも最近アッパに似てる。

って言われるのを嫌うソフィ様
どうやら

アッパ=オトコ

ソフィ様=お姫様


なんでお姫様がオトコに似るってのが屈辱的なようです

ちなみに日本語で『お姫様』とか最近言い出してしまった(爆)

さすが習得が早うございますなぁ





テーマ:◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - ジャンル:結婚・家庭生活

何となく

右側垂れ幕にご注目




ワシも嬉しいけど、、、


韓国語を直訳しすぎ!!(爆)








まあ、変だけど憎めんっつーか、
爪が甘過ぎっつーか、


ワザとか?!

博物館 in島

島ですが、タイトルどおり博物館があります


むかし、むかし。太古の時代の遺跡があることから
発掘物などを展示し、実際に現在も発掘が進められています


人の所有物の畑とかも掘りまくったら
もっともっと出るんだろうが
財政の関係からも穏やかな進行状態



土地柄、大陸文化の通路だったので
韓国がらみもあり
昔はそこまでおもしろくなかった部分も
韓国にはいまだに残ってる文化面とかが見れたりで結構楽しい


子ども達が遊ぶ部屋もあるので
姪っ子とおかんに子ども達を託し
一人で館内を見物


いつもはガラガラなのに
観光客がいてちょっと賑わっておりました



BLOG6561.jpg



歴史上で昔をたどると
全世界が一つだったわけだしキリがないが

『この島はひとつの国』

として卑弥呼時代の書物にも記録されてる歴史があります


そのころなんてもっと韓国人とかも頻繁に住んだり行き来してたんじゃないかなって



そう思うとワシの先祖はどこからきたんだろう?

とか色々気になってきます


そんなワシが韓国に嫁いで住んでることが
なんだか不思議な運命を感じたりね


そんなわけで、韓国の遺跡発見地などが記載され、
日本大陸にどう影響を与えたか。などという韓国の方の手記の本を買ってみた


が、まだ3ページぐらいしか読めておらず


今とは直接的な関係はなくとも
過去にそんな関係があったんだ~

って知ると、少しはこの国に情ってもんが湧いてくんじゃないか。と


何事も知らぬよりは知っておく。ってのがマシだと思うしね




心配されてるソエちん。
今日もオリニ休ませるつもりでしたが
夕方、ソフィの通院時に処方された注射が好をきしたようで
夜中高熱が出ることもありませんでした

朝から行きたがってたので
早めに迎えに行くってことで送り出した


やっぱり一人で遊ぶのがつまんないようですな


今夜もまだまだ気は抜けませんが
ひどくはならないような気がします


ワシは昨夜からピーク
熱が出りゃさっさとよくなるのに
なんか出てるっぽいのに計ったら平熱


まあ夏の暑さと
日本でのハードさの疲れが出たっぽいね

たっぷりの睡眠で乗り切りたいところっす


テーマ:◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - ジャンル:結婚・家庭生活

はぁぁぁ

ニュースで見たけど
2歳児が餓死したって・・・


空腹からプラスチックや履いてた紙オムツ食べてたって



こんだけ飽食な時代で
貧しくとも子ども手当てとかで最低限の食料買えるのに


こんだけ肥満児が多くなった時代に餓死・・・



胸が張り裂けるねぇ


親が狂ってる


産む前はそんなんじゃなかったんかもしれん
育児がつらかったんかもしれん
でもそんなん言い訳にもならんよ


子持ちの人だったらみんなそれなりに大変な思いをしながら
一生懸命子どもに尽くしてるのにね
子どもにイラつくことだってそりゃあるけど
それでも我が子
無抵抗な子どもじゃん


ワシなんて昨日ソエちゃんが
病院で久々に体重量った時

12.5キロしかなかったのに焦ったのに  身長からするともちょっとあっても良い

ソエは身長に比べ体重が生まれて間もないころから少ない方
でも確実に白飯食いまくってるし  ←ワシより米食うからね~
ご飯はちゃんと与えてるから心配いらない
痩せ型体質なんだろうなってくらい
見た目はからりムチムチしてますがね(笑)


親がぶくぶく太ってる暇あるなら
そのうちのちょっとを息子に食わせろ
自分だけ肥えてんじゃねーぞ
ワシだって一人こっそりチョコとか食べる時あるけど
大抵のもんは優先的に自分のもんも全部子どもにはあげるぞ!


こんな親には留置所でご飯上げないでほしい
権限なんてないけど
単純にそう思ってしまうわ・・・


テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。