FC2ブログ

にんにく浸り ~韓国お嫁日記~

韓流ブームが来るその前から、何故だか恋に焦がれて来た韓国。とはいえまさかお嫁にくるなんて・・・・日々の生活の中でリアル韓国を紹介してきま~す

時代の恩恵

スマホの扱いもだいぶ慣れてきた


ついでにこれが誕生日プレゼントらしい


おいおい。タコはどうした!?




携帯を変えるまでは

見る暇ないし
メールと通話機能くらいしか使いこなせない


と思い込んでましたが、
時代は進みワシの想像以上の携帯と進化をとげてたのね


PC開かずともメールチェック可能だし、
撮った写真をすぐあげてブログかけるし
献立検索するにもかなり便利!!


中でもカカオトークは最高っす


一言で言うとチャットです。


日本でも人気が結構出てるみたいで知ってる方も多いでしょうが
本当に便利



思えば5年前
オンタイムで実姉や友達(日本の)と連絡とりたくとも、
日本みたいに携帯メールのアドレスがない韓国携帯は
パケットにつなげない限りダイレクトなやりとりは無理でした


が、


このカカオトークはすぐに繋がって
まるで日本に住んでるみたい

やっとこんな環境に巡りあえて、ただただ感動するばかり


日本の親友もスマホに変えたばかりで
説明をし、数日前から繋がった^^


お互い子育てで忙しいし、
通話も頻繁にはなかなか。なだけに
もう手放せない


主人と実姉も繋がっており
実姉がこまめに話しかけてくれてます


まあ実姉は韓国語独学で入力もできるし
簡単な単語は知ってたり、調べたりしてくれるので
相変わらず日本語頑張ってない主人ですが
それでも一生懸命日本語で返してみる努力はしてるみたいです

問題は姉がその日本語をどれだけ読み取れるか?ですが


一昨日笑えたのが
単語を調べる主人


辞書でもなく、ソフィたちのおもちゃ
アンパンマンの言葉ずかんってヤツで
『こうえん』を探してました(爆)  ←公園にお出かけしたのを伝えたかったみたい


まあこういう積み重ねが大切ですが
辞書を引ける日は一体いつのことやら・・・・とちょっと力が抜けてしまったわ


ワシのブログを読んでるワシの隠れチング
スマホなら繋がろうぜ~
読み逃げばっかせんでよぉ(笑)

あ、日韓カップルとか遠距離中の方々にもお勧めですね!!







テーマ:コレ、すごいよ! - ジャンル:ライフ

病気

帰国物語の途中だが、
昨日ソエちんが発熱


夕方は微熱だったが
夜中、いや早朝3時に高熱から起きてきた


熱を測ると39.8分



そりゃ熱くて寝れんわな



解熱剤を飲ませ、
冷えピタをおでこ、脇の下、ももの付け根、首の後ろと4箇所に設置
体も拭いて体温を下げる


機嫌は悪くなかったので
ポッキンアイスを与えたところ
調子こいて3本も食べた(爆)



去年も帰国後に発熱したなぁ


なんて思いながら看病しました


1時間ほどで38度までに落ち、
それからどんどん下がってきて5時半ころに再びネンネ
その頃には37度まで下がってました



ワシも寝たかったが
弁当も作らんといかんし
何より絶対起きる自信がなかったため
無駄に起き続けてました



ソフィも・・・・と心配したが
アヤツは鉄人で大丈夫


昨日焼いたクッキーを
お友達と一緒に食べてね

って持たせたらルンルンで登園してくれたわ


去年入院したころは胸の音もガサガサしてたし
解熱剤も間を空けれないくらいに効かずに
ワタワタしてたが
冷えピタも嫌がらず(ちょっとは嫌がったけど)張ってくれて
ずいぶんと看病の仕方も楽になったなぁ。と


ソフィさまが鉄人なだけに
看病する際に子どもの成長を感じることがなかったのよね


念のために病院に連れていきますが
今は登園前の子ども達でいっぱいだろうだから
11時ごろめがけて行こうかと。


ワシも学校休みだし、
今日はゆっくりとソエを休養させたいな


が、ワシも昨夜からちょっと体調不良
熱が出そうで出らんって感じのヤツ

しかも寝不足。



あ、目は無事に治りました!!


日本で用心のために通院したところ


『ウィルスが強すぎで(処方されてる)目薬が効いてないですね』


とのことで、


やっぱり!!!


と思いつつ、ステロイドの入った目薬をさしたところみるみる回復


2週間ほど腫れまくってて
二重ならぬ三重だった左目が
腫れがひくとともに、新しいラインをゲット

右目と対照的にきれいな二重になりました~~

思わぬ収穫ですわな(爆)




ちなみに移るから一緒に寝るなって言ったのに
言う事聞かなかった主人に結局移ってしまって。
ワシ一人でベッドに寝るって言ったから?爆


ワシほどはひどくないし、
昨日くらいから腫れも充血もよくなったみたいだけど
何だか心穏やかではないワシ
ちょっと責任感じるじゃんね


幸い子ども達には徹底した手洗いとタオル別とかで移っておらず


二度とかかりたくない病気ベスト1
に輝きました
発症から3週間
思えば長かった~


みなさんもお気をつけあそばせ





テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

朝から元気に

離島の中に更なる離島がある



そのうちの一つが我が家の近くにあり、
発電所&公園施設です



人口が少ないのもあり
いついっても貸し切り状態


ワシが小学生のころは賑わってたが
少子化だからしかたないね




島の日差しは本当にきつく
朝から元気な子ども達を連れていく



オトンが一人で連れて行くって言ってくれたが
絶対に世話できんし、
姉ちゃんの子ども(甥っ子)も預かってる以上
ワシも付き添わなきゃ!

だいたい数年前に鎖骨を骨折して
ちゃんとつがってない人に抱っこすら無理だしね(苦笑)


ひとり遅めに起きた(それでも8時代)ワシは
飯も食うことなしに公園遊び



BLOG6556.jpg
BLOG6557.jpg  BLOG6558.jpg



松の木がたくさん植えられて
木陰のお陰でかなり涼しい

何がそんなに楽しいのか走りっぱなな子ども達を追っかけて死にそう


途中、たんぽぽを発見


ソフィと同様、甥っ子も吹くのが好きみたいで
一生懸命フーフー


BLOG6560.jpg  ん??


BLOG6559.jpg


飛んでいったハズの綿毛が1つ甥っ子の頭に着地


本人はもちろん気づいておらず


余談だが甥っ子はつむじが2つあって
ぶつかりあってます(笑)


テーマ:育児生活 ママの日記 - ジャンル:育児

お出迎え

さて、続き。


家に到着し、荷ほどきしたり一人忙しくしてる時も
子供達は早速庭で遊びまくる


とりあえず、監視役のオトンもいるし完全放置



と、その時甥っ子の声が聞こえてきた



『わ~たこだぁ~』




ったく、またオトンが凧あげでもしようとか誘いだしたん?



引き続き

たこだぁ~たこだぁ~

の連呼に、


ん?まさか....?!




ダッシュで外に出ると
近所のおばさんとおばあちゃんがお話中


二人がボウルを囲んでるではないの



更に近づき内容確認してみると....


BLOG6555.jpg




おお~たこだぁ~たこだぁ~(爆)




ワシが愛して止まないあのタコ


いつも食べるヤツとは、ちと種類が違うがタコには変わりねぇ!!



2年くらい前に日本でも
この種のたこが刺身用で売られてて買って食ったことあるし!




おばさんに聞くと、磯に行ったけど収穫なしで取りあえずタコでも捕まえてきた
取れ立て新鮮なブツ



どうやら刺身食えないオトンがタコは好きってのがしれわたって
もってきてくれたらしい


流石はだてにワシら顔そっくりさんじゃなかったらしいな(爆)



周囲からは夏場だし、
刺身はやめた方が...とのストップもかかったが
新鮮なのに意味わかんない


ワシの意地っぱりに

食べ慣れてるなら食え




の、おばあちゃんゴーサイン!!!



半分くらい足を頂き、塩でヌメリと皮をとる


扱いわからんけど、塩揉みしときゃなんとかなるしね(笑)



張り切りまくって刺身準備完了!

がっつくライバルもいないし
一人盛り食いしたわよ


でもやっぱりサイズがデカイだけあって吸盤もデカくて芯もやや堅め


顎が疲れきたので、ブツ切りをお吸い物に変換


新鮮さが違うから、かなり良い出汁がでてねぇ


姪っ子も初めて食べるタコ汁を気に入ってくれた


出だし絶好調な帰国は、ここから始まってたのかもしれない....



まだまだ帰国物語続きます(^o^)v

テーマ:◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - ジャンル:結婚・家庭生活

島へ

昨日、33歳の誕生日に島から船を乗り継ぎ
無事に戻ってきました


何が悲しくて貴重なバースデーに
海上をどんぶらこしたんだか...(苦笑)



今回は一年近くぶりに実家へ。
甥っ子も一人でお泊まりすると張り切り
預かることに
しばし三人の子持ち気分も味わったり(^o^;)






入国語後またすぐに船に乗り継ぎ
島へ向けて出発!
船では三人とたくさん遊びました
夏はこれができるから楽しい






ママっ子の甘えん坊が
かっこつけのポーズ
ソフィは相変わらずブリッ子だし
ソエはピースと三歳を間違えたまんま(笑)







入港近くの船からの風景

この日はベタ凪ぎで
空と海が一体化

こういうのを見ると
島出身であることが誇らしく感じ
とても幸せな気分になる


大自然って簡単に人を感動させるからスゴいよね

思わず船から飛び込みたくなったもん(爆)



そして今回は素敵なお出迎えが待ってるとは、まだこの時点では想像すらしてなかった




続きは次の日記で\(^o^)/
前のページ