にんにく浸り ~韓国お嫁日記~

韓流ブームが来るその前から、何故だか恋に焦がれて来た韓国。とはいえまさかお嫁にくるなんて・・・・日々の生活の中でリアル韓国を紹介してきま~す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術②




続き☆彡


そしてそのっちの健康以外にも気がかりなのが上の子達
入院中子供たちのお世話をシッターにお願いしようにもお願いする時間帯がもともと一番需要があるもんで苦戦


なかなか空いてる先生も居ない!ってな状況で悩んだりしてた矢先、実家の母よりお手伝いに来れそう。との申し出に舞い上がった~(人゚∀゚*)



先月母も癌のために手術を終えたばかり

術後の経過や追加の検査などで諦めてたんだけど、ひとまず急な追加治療、検査もないのでお願いしました




なんだかんだ言って頼れる処って実家の母以外ないんだなぁ



更に今回は台風の影響で主人が足止めを食らって帰れなくなり、子供たちは両親が居ないと言う自体になったが安心できたのも母達のお陰。

お金云々じゃないこの安心、という環境を提供してくれた母を見て、ワシも健康で長生きしつつ娘たちが結婚し、育児をする時には可能な限りの手助けをしてあげたい。純粋にそう思いました




脇道しまくったが、無事に手術に向けて出発



やっと手術受けれる!


という喜びと同時に、小さな体にメスを入れなければ、、、と言う申し訳なさで前々日から不眠気味


前日は夜中12時以降絶食なんでできる限りギリギリまで食べさせたり飲ませたり、力尽きて寝てるトコを11時半ごろ無理やり起こして少しでもミルクを~とやってみたがピクリともしないので不安を抱えつつ寝かせました



幸い夜中起きることもいつも通り無く、朝イチで点滴打たれてギャン泣き
大人三人で抑え込まれさぞかし恐怖で一杯だったろうな>_<


それから暫くして呼ばれ手術室のある二階へ


抱っこした状態で点滴を通して麻酔が打たれる


看護婦さんを見ながらじーっとしてるなぁって思ったら『もう寝たわね』と


え?両目バッチリしてますが?
聞く間もなしにワシから引っぺがされ、手足の形もたった今ワシの胸元に居た状態のままベッドに乗せられ入って行ってしまった


付いて行くわけも当然できず、
先生方に託すしかないのに
そんな自分が母親としてとても小さく無力で情けなくなってきた

と同時に、泣くことあるまい!と腹くくってたにも関わらず廊下で待つように言われるまで、無意識のうちに入り口で突っ立って泣いてたと言う、、、

。・゜・(ノД`)・゜・。



そんなこんなで主人にメールし、ひたすらそのに応援の祈りを捧げるしかない
この時はそのの事しか考えれないくらいやはり余裕ゼロでした



入って1時間弱、名前を呼ばれ麻酔からようやく覚醒しだしたそのが横たわってる


傍で泣かせるのが仕事のワシ


散々辛い思いして、さらにこの覚醒時が辛いのに何度も申し訳なく眠そうなそのを無理やり起こす


暫くしてそのまま病室にて2時間は寝せるな、との指示に声を枯らして泣く我が子を更に泣かす


その後グッスリと寝て起きて少しのミルクを飲んでくれた時の安堵と言ったら

よく頑張った。本当に頑張ってくれた



数日間は看護婦を見る度に泣いてたけど今では笑顔炸裂!
アイドルですw


明日には退院し、半月後には抜糸も予定してるので、その間自宅で管理しっかり頑張ろうと思う



入院ついでにワシの外反母趾予備軍も見てもらったけど、生まれつき足幅が広めだからどうしても靴やヒールは避けて予防するしかないとのこと。
しかもワシが痛いのサイドではなく親指付け根の裏側なんで骨の変形ではないらしいのね

まあでも気になることはせっかく保険もあんだしケチケチせずに調べようと思う


実はお腹のホクロも気になるのがあるからその検査も追い追いね



っと、また話がズレたが無事にひと段落つきました。



そのっちを授かって色々以前には知らなかった事、感じなかった事、当たり前だと思ってた事がそうでなかったり感じたり、得るものが多いのはやはり福の神だからでしょうか?



感謝の心を持たせてくれる


影ながら心配や助言をしてくれて支え励ましてくれた友人や家族、そして自責の念にかられた時に完全否定し、足りないわけじゃないから大丈夫!と医者でも無いくせに始めから言い切って気にするなと構えてくれた主人、みなさんに感謝(^人^)


また出頭医であるウ サンヒョン病院長、ここでは珍しくいつもニコニコで嫌な顔一つしない看護婦さん達
言葉をいくら並べても足りないくらい感謝の気持ちでいっぱい



今更医者とかには死んでもなれないけど(笑)自分も今の仕事を通したり育児を通したりと日々の積み重ねの中で誰かのために何かできるよう毎日を大切に過ごしたいと思う


小さいけれど今の、そしてこれからの目標にしたいと思います。


名医は腕のみならず、人柄もそれはそれは素晴らしかった










スポンサーサイト

手術①

あくまでも個人の記録として残しますが、この日記にて不快、不安に感じる方がいらっしゃったらすみません。



さて、前回みかんの話の際に、そのっちの入院中って事に触れましたが、この度手術を行いました。


この日を待ちわびつつも!母として全く負い目を感じない、という事もなく心には常に霞がかかった状態でしたが、無事に終えたのでお知らせ。
それと同時に国内外関係無く、もしも同じような悩み、心配をされてる本人、ご家族の細やかな助けになれば、と思い記します。









そのっちは先天性多合指症候群という、文字通り指が多く、合わさっています。



最近は医療がどんどん発達して出産前の検査で大抵の事がわかったりしますね


同じく一通り検査もしたし、4Dなんかでも確認してたんだけど映りきれない部分もあったようで、一人きりの出産数十分後に事実を知らされました。




裏側から見ると普通の足ですが、表から見ると、小指なのに親指みたいなんです。



流石に出産直後にこの状況を受け止めた時は一人部屋に行って泣きましたね。

自分のせいだ。って責めました


この日も出勤して日本にて楽しみに吉報を待ってた主人にメールで写真を送り、泣きながら謝りました。

後に調べると、指の数が決定されるのは妊娠4週から8週目辺りで、
指を作るぞ~!っていうホルモンだか何だかが分泌されるんだけど、どうやら張り切り過ぎちゃった結果が多指を引き起こし、5分割にできなかったのもこの辺りだとか。



その辺りの週ってまだ妊娠確定してなかったから知らんしな
ったことは主人に無駄に謝ってしまったって事?(笑)



新しい世界に出できた直後のそのっち(^○^)


原因的には誰のせいでもないし、たまたまこのうん十年こういう病気がある、それも結構な頻度で、って言うのを知らずに生きて来て、我が子を通じて知った、ってとこ。


なのでショックは受けたけど、医師にも成長過程(歩行などの運動神経)には全く影響なし。とも聞き追い追い治療を考えようではないか、と気持ちを持ち返した



産後は2ヶ月ほど過ぎ、ある医師に紹介されたのが今回の病院

大邱にあるW病院
더블유병원



主人の休みの日、子供らが幼稚園に行ってる合間を縫って行ってみた


大学病院みたいな規模ではなく中くらいのとこ。


でも中は患者が沢山


病院長にお願いしたく事前に電話したのに案内の人の手違いか本当は外来無しの日だったのに、手術と手術の合間を取って遠方から来たワシらの診察をしてくださいました。


その際も類似ケースの写真を見せながら恐らくこういう手術をすれば良い、などと多忙にも関わらず詳しく説明、プラス元気づける言葉に感動
その日に手術の予約までして帰って来ました



買い物とかでもそうだけど、何かちょっと大きな買い物した後ってもう買ったのに他のメーカーの物とか気になるよね?

あれと同じにしたらいかんのだろうが、後日釜山市内もしくはもっと近辺で同じ治療を!とも考え(上の子達のことを考えるとできる限り家から近い条件は上位に上がってしまうのね)



それなりの医療技術をもった病院なんて沢山あったがワシの野性的直感がどうしても、ここの病院長!と揺るがなかった



幸いそのは4番目と5.6とくっ付いた指の間は綺麗に切れてるし、5番目の指の除去をすれば別途皮膚移植も不要、との説明通りとてもシンプルな症状でした




8月末辺りから突発性やらそれを気に鼻風邪やら咳やらで2週間近く体調が晴れ晴れせず、さらに旧盆とかで人の出入りや動きが激しく大人でも病気にかかりやすいので、術前2週間は風邪をひいて服用もできないのでかなり神経質になってた

上の子誰かがくしゃみしたら、『手洗ってきて!』から始まり、
極力人との接触を避けさせるためには家族が一丸とならざるを得ず
ソフィ達には本当に窮屈な日々を強いってきたかいあり、なんとか予定日まで健康に!



ピリピリし過ぎて夫婦喧嘩は言うまでもなく女の子の日が2回も来たり(笑)
かなり自律神経やられてましたね


まあ産後は(っつってもだいぶ経つからそろそろこの言い訳も苦しくなってきたw)ピリピリし易いからこそ、もっと主人にはキビキビと二人三脚で頑張りたかったんだけど!求め過ぎたのかしらねぇ、、、、(;´Д`A



長くなりそうなので2部へ~~~(・ω・)ノ






3人の成長

まだ誰か見てくれてんかしら?



早いもので今年も半分が過ぎ、末っ子も後少しで9ヶ月目に突入


9ヶ月よ、9ヶ月!!

ほんっと早いんですけど!


もっとこの一歳までの赤ちゃんを堪能したいのに、他の子の事とか地味に忙しくて二人ベタベタする暇もあんまりないわねぇ(;´Д`A



ソエちんもお姉さんぶり炸裂



ワシの言うことの8割はブータレながらそれも5回くらい言って初めてきくって感じなのに妹の事となると、はい!って張り切ったり頼まずとも自らやってくれる




なんだ、やればできんじゃん!(笑)




最近はチラホラ仕事が入って夕方バタバタしてる時に、子供達の子守りが本当に助かる!


義母とか子供見てくれる人がいる家庭ってこんな感じプラス家事できてる。なんやろうなぁ

と思うと羨ましいが住みたくはない( ̄▽ ̄) ←





風がそよそよ吹いてるわ~(≧∇≦)




ちょっとおませさんでお絵かきにトライだわよ~




オンニ、優しくね( ̄O ̄;)




んも~可愛いでしょ?
可愛過ぎてスーハースーハー|( ̄3 ̄)|したくなる


すっごい甘やかしとる。
孫に甘い老人と一緒だな(笑)


写真に食い込むヨレヨレ姿のソエですが、一応ワシの面子っつーもんもあんで言い訳させてもらおうか


何もこんねヨレヨレしか着せれないわけじゃなくて、これはソエテイストというか、、、テイストです(笑)


このズンダレてヨレヨレがかっこいいと思い込んでるから他のを着ないとです


この子は小さい頃から頑固で嫌なもんはどんなに言い聞かせても嫌らしいから敢えてもう言うのも、、、ね(@ ̄ρ ̄@)


大姉の超女の子と相反し男の子


すでに夏の帰国時には仮面ライダーの服を買う気満々


はいはいはい。買いますよ、買えばいーんだろ



話は変わるがGW時にソフィが補助無しで自転車成功したんだけど
我が家はチャリ持ってなくて(笑)貸し出しのあるところとかに出かけたりして乗る程度だったの
もちろんそこは補助付きね

それなのに甥っ子のチャリで数回の練習で乗れるってソフィも意外に運動神経良いじゃん(*^o^*)って感心しとったら
やっぱソエは遥かに良かった


アパートとオッパのチャリを借り、ワシが後ろを支えるわけでもなく、一人でどうやら練習してたみたいである日突然チャリ漕ぎながらワシんとこに来たときゃビックリした~(;゜0゜)


今月中には買ってあげなきゃね、って主人と話してたのに先こされてしまった



一日の成長がめまぐるしいそのっちにばっか目が行ってた矢先、上の子達もちゃんと成長し見逃さないように教えてくれる賢さ



三人育児大変でしょ?
と聞かれれば、もちろん大変です!と答える。だって体も一つだしムカつく事だって山ほどだからねw


でも可愛さや楽しさも沢山で二人育児の時より楽しめてる(((o(*゚▽゚*)o)))



ってことで明日はお仕事


運良く主人休みだからシッターに預けなくて良いってだけで精神的負担ゼロ!

ビールでも飲んで寝ようかねww

今週も頑張りまーす






おめでとう、ソフィ様

ついにソフィ様卒園しました。


やっと、、、、っていう感じが強かったが
短かった幼稚園生活
お疲れ様






  入場です。凛々しいわ~
 チングと撮影
 ソフィ!半目になっとるし
 最後の登園前にパシャリ。羨ましい足だわ
 ちょっとこっち見なさいよ
 だから~オンマのカメラ見てよ(泣)
 頭の上がらない先生。お世話になりました。
 しつこいようだがDNAの強さに脱帽ww



韓国ではイベント(学芸会や卒入学など)には学校前に花束売りが出現する

しかも昔からこういう花束のアレンジや見せ方は日本にはない技術で
安いのに立派なのが多いと思う


この日も絶対居るだろうと思い込んで前日からの準備はなしで挑んだら
姿形もなく来てないじゃないの!!!

他の父兄たちは片手に花束を準備してるという。。。。。



たかが花束、されど花束


してもらった記憶は残るかどうかわからんが
してもらわなかった記憶ってのはいつまでも忘れんもの



とくに女の子ってそういうのネチネチしがちだしね



主人に速攻買いに走らせてしまったわ
次回からは前もって準備しとかんとね



あと誰もが持ってる携帯。それもスマホ
カメラの機能も良いうえによりよいアプリやらを搭載して
こういう場でもフル活用。ワシもカメラは携帯のカメラを利用です。


我が子の晴れ姿を写真に収めるのは当たり前だし
誰もが逃したくなく思い出として撮りたいよね



でもさぁ



園児が前に出て、その親も向かい合って座り
園児はこの間勉強してきた英語で将来の夢を言うってのがあったんだけど




我が子の目をスクリーンを通して見る

ってのがどうも腑に落ちん



子どもが一生懸命目の前に居る父ちゃん、母ちゃんに
誇らしげに、そしてやや緊張気味に発表してるのに
写真および動画に収めるのを優先で
撮ってる側からは子供の顔も視線も見れるであろうが
撮られてる子供には親の顔ではなく携帯やパットの背中部分



時代差、個人差といえども
この瞬間の子供のまなざしを大切にしろよ
って言ってやりたかった







あと園長先生の話。

結構重要なお話をされてるんですよ。毎回ね。
もしも自分にとっては、そう響く話ではないわ、って思う人もいるだろうが
とりあえず聞く体制は大人だからできるハズ



が、



親がベッチャベッチャ喋くって
挙句は子供が座ってるとこまで行って横からこっち向いて~
とかまだ写真撮影


そんなんだから園児も集中力乱れたりして
ザワザワした卒業式に




子どもの手本となるべき親がこんなんだからなぁ
ザンネンです。


園長先生の話の内容が勉強も大切だが親の背中は本当に大切。
みたいな内容を今まさに話してるってのに
そばからその行動。
もう救いようがないというか、、、、、ビックリ
それも一人二人とかじゃないってのにもビックリ(笑)


さすがの園長先生も結構キレ気味な顔だったがワシは一言一言胸に響き共感できる
内容だったので有難く受け止めこれからの育児に活用させてもらいます


と、娘の晴れ舞台に愚痴もなんですが
あまりのザンネンさに書いてみました



来月からは小学校

ワシも1年生気分で緊張や不安が渦巻くこの頃。
しばらくは忙しそうだ


ソフィ、おめでとう!!!
小学校生活も頑張ろうね!













テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

100日

タイトルどおり、笑露ちゃんの100日です。


現在7キロ余裕オーバー


母乳は徐々に枯れてきて、それでも乳を求める姿に萌え萌えしとります。


自分勝手と言われる覚悟ですが酒も気にせず飲みたいし完全ミルクにしちゃおうかなぁ、と思ってる次第。


ま、母乳たいして出ないと覚悟してたけど思いのほか出てくれたし(乳首流血しまくったけど)

結構三人目ともなると体力衰えから母乳出ても辛すぎてミルクにしちゃうママさん達もいるし、子供が健康ならミルクでも母乳でも関係ないさ。
ただ本当に二度と母乳飲んでる姿を見れないって思うと涙ぐむ(笑)


っと話がズレたが無事にこの日を迎える事が出来ました。

三回目にもなるとしみじみと感慨深くなるわね

暗くて長いトンネルってイメージで実際にソエちゃんの時は一生出口にたどり着けないんじゃ?って思ってたくらい大変だったが
今回はトンネルと思いきやビニールハウスってくらいの楽じゃないが明るく楽しい100日だったわ


それもこれも過去の苦労や経験あってのこと。そしていつの間にやらすっかり大人びた二人の娘たちプラス、どっぷりと父親になった主人を初めとする周りの人々に助けられ励まされたお陰です。
本当に感謝ですたい!




ずっとオムツ替えてもいいからこのままで居て~~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
と口癖な今日この頃。

一年後はどう言ってるか見ものですが(笑)これからも元気でのびのびと成長していってもらいたいです。

さあ、これからますます忙しくなるわよ!





次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。